淡路島バーガーを食べたよ

書き出しも何も決めないまま、ブログを書き始めてみる。

僕は昔から、親戚のおばちゃんとかから「あら、タロウちゃんは無口ね」とか言われてきた。

自分でも自覚はあるが、実際のところは仲良くなった人の前では、よく喋る。うるさいぐらい。

つまり人見知りなのだ。

あまり仲良く無い人の前では、なぜだか言葉が思い浮かんでこない。

「何か、話しかけないと」と気ばかりが焦ってしまい、余計に言葉が出てこない状況に陥ってしまう。

これは僕の特徴で、作文を書くときも、書き始める10分ぐらいは言葉が何一つ思い浮かんでこない。

この時間は思い浮かばないなりに、書こうと努力をしていることが条件なんだけど、10分が過ぎるぐらいから、ポツポツと言葉が思い浮かんでくる。

おそらく、僕は脳の言語野に、血が集まり出すのに10分ぐらい時間がかかるのだろう。

だから「何を喋ろうかな」と模索してから10分の時間が必要なのだ。

そのせいで、僕は人と仲良くなるのに時間がかかる。

誰とでもおしゃべりできる人が羨ましい。

そして、カメラの前でおしゃべりすることも、大変難しいことなんだと実感した。

意外に語尾の「です」とか「ます」などで、文章を完結させて無いでしゃべっている事に気づいた。

いやー、見たもの全てを実況できる古舘伊知郎って天才なんだな。と改めて思う。

あ、そうそう、この前淡路島バーガーを食べました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA