【メモ】満腹の仕組みを知れば怖いもの無し【グレリンVSレプチン】

レプチンについての過去記事

【誰でもできる!】満腹中枢をハックせよ!【レプチン抵抗性】

夜中に起き、日高屋へ駆け出さずにはいられないのなら、こいつらの仕業かも。

作られる場所空腹満腹
グレリン胃壁感じさせる感じさせない
レプチン脂肪細胞感じなせない感じさせる

グレリンというホルモンは空腹感を与える。お腹が空いたというより、満腹感をオフにする働きがある。

レプチンは食べたもののタンパク質が小腸により感知されると、満腹感を与える。

膵臓は腸内の脂肪を感知すると、グレリンの働きをオフにするホルモンを放出する。つまり、脂肪をとると満腹感が持続する。

これに対し、糖分、特に果物に含まれる果糖(フルクトース)はグレリンの働きをオフにする働きを妨害する。つまり果糖を取りすぎると、のちに「耐えがたい空腹感」を感じることになる。もしくは、満腹を感じるまでにかなりの時間を要するようになってしまう。つまり「大食い」になるということ。

果糖をおさえ、良質の脂肪をとると、「耐えがたい空腹」から「2〜3時間後に何か食べよう」という感じに変わる。

良質な脂肪の例

グラスフェッドバター、グラスフェッドギー、ココナッツオイル、オリーブオイル、オメガ3など。

オメガ6は取りすぎ注意だが、必須脂肪酸なので取らなすぎはNG

レプチンについての過去記事

【誰でもできる!】満腹中枢をハックせよ!【レプチン抵抗性】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA