白点病との戦い

8月から始めたアクアリウム。

小学生の時にも、熱帯魚を可愛がっていたが、サーモスタットの故障で煮魚にしてしまった過去がある。

そんな事がありながらも、「また、いつか飼いたい」と、ずっと思っていた。実家への引っ越しを機に、また始めた。

 

始めたら、やっぱりかわいいもんで、今では顔を覚えて、水槽を見ると「餌をくれ〜」と寄ってくる。

ウチで飼っているのは、ベタオス1匹、ネオンテトラ10匹、アフリカンランプアイ5匹、コリドラスパンダ3匹と、そんなに混雑させないように気をつけて飼っている。

ここ数日、ベタちゃんのヒレや顔に白点病が現れた。最初は白点が一個だけだったにも関わらず、数日経過を見ていたら、少しづつ増えてきた。

他の魚を見ても白点は無いが、ベタだけに寄生している。

慌ててメチレンブルーを買いに行こうかと思ったが、ネットで調べると、「温度を上げる」「水をこまめに変える」事が白点病の治療の基本らしい。ある記事では薬は使わずに、加温と水換えだけで治したという記事があった。

僕も薬はあまり使いたくないので、加温と水換え戦法で行こうと思う。

そこでウチのヒーターはサーモスタット一体型で温度は26℃固定タイプだったので、ビバホームさいたま新都心店にサーモスタットとヒーター、恥ずかしながら水温計をケチって買ってなかったので、買いに行った。

そしてセッティングして、温度は28.5℃で様子を見ようと思う。

ベタは新しく加わった物に対して興味深々だ。セットしたばかりの水温計を凝視している。学習能力高いね。

さらに水換え。最初は1/3程度交換して初日は様子見よう。

そして一夜明け、何とかみんな元気だったのだ!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA