いいものは広まる

先週から、月曜日は某クリニックでバイトの日だが、今日は朝からバイトの先輩から電話がかかってきた。

「今日は先生の調子が悪いので午前はお休みです」とのこと。

病院は、いくらスタッフが揃っていても医者がいないと開けられない。某クリニックの院長はかなりご高齢なので、体調が優れず休診になることが増えてきているらしい。

急遽時間が空いたので、大宮氷川参道の常盤珈琲へ行った。9時の開店ぴったしに行ったけど、数名お客さんがいた。やっぱ人気なのね。

コーヒーを買って、お次はステラモールへ向かう。グラスフェッドギーを買いに行く。

自転車で行ったのだが、道中の踏切に驚いた。弁天町3丁目の踏切だ。

この線は、東武線、湘南新宿線、貨物列車、スペーシア、物凄い数の列車が行き来する、まさに開かずの踏切。

都内に住んでいた時の桜上水の踏切もひどいけど、この弁天町は結局40分弱、開かなかった。

途中、痺れを切らせて遮断機を上げて渡っちゃうおばさんも出てくるし、踏切待ちの人たちのイライラがビリビリ伝わってくる。狭い範囲をウロウロしだす人、貧乏ゆすり、携帯で謝っている人、慣れた人は、諦めて座り込んでスマホをいじってる。

きっと、毎朝こんな感じなのだろう。あれが、もし通勤とか配達中に遭遇したら、僕だったら泣くよ。

遮断機の矢印が電車の進行方向を伝える。右へ、左へ、右左、左へ、右へ、右へ、右左、、、、、、

明らかに、ずっとここで待っているより、大栄橋まで歩いたり、駅のホームを渡って逆口に出た方が早い。

20分が過ぎた頃、一向に消える気配のない遮断機の矢印を見ながら「ここ、一生、開かないんじゃないの?」と錯覚し出してくる。

僕は、急いでなかったからよかったけど、急いでいる人は、、、。

迂回路を探して歩きだすと遮断機が上がるという最悪のシナリオが想定できる。サンクコストとの戦い。損切りして動けるかが、試される。

結果、40分弱開かなかった。

土手町三丁目の踏切、皆さんもお気をつけて。

 

ステラモールは10時開店だったので、開店2分前ぐらいに着き、お目当てのギーを買ったのでした。

 

家に帰ると、母の姉妹がパーマをかけに来ていた。(姉妹で美容師)

母が、飲み始めて、今日で4日目の完全無欠緑茶をおばちゃんに進めていた。

なんと、飲み始めて4日目にして、2人から「痩せた?」と言われたらしい。

おそらく、痩せたというよりは、むくみが取れたんだろうと思う。グラスフェッドギーとココナッツオイルが入った緑茶は、短鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸が含まれているので、胆汁の分泌を促進し、おそらく解毒能が高まったことによると思われる。

脂肪が燃えたというより、「余分な水分が出た」と言って感じだろう。

しかし、結果が出るものというのは、勝手に口コミが広がっていくもんなんだなぁとつくづく思う。この完全無欠緑茶を初めて、母に飲ませた時は、散々、まずい、キモチ悪い、作るのめんどくさい、など文句のオンパレードだったにも関わらず、二人に「痩せた?」と言われてから、ノリノリになっている。

良いものは自然と広がっていくんだなぁ。

ミヤマエ整体院も、そんな感じにしようと思った。日々勉強じゃ。

土手町の踏切はヤバイよ!!

それと、帰ってから、再びバイトの先輩から電話があり、「午後も休診」だって。今日は不意打ちのお休み。とほほのほ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA