【全おっさんに推奨】肝臓浄化☆自家製スポドリの作り方【レシピ】

肝臓をいたわろう

肝臓の数値が気になるサラリーマンは多いはず。コロナ禍で家飲み需要が増える中、連日二日酔いで、最悪な気分で遅く起きた朝を迎える。

若い頃の僕は、そうだった。

特に週末になると朝まで飲み歩き、千鳥足で家路に着くと「テレビ寺子屋」を見てから眠りにつくという週末が常だった。

時がたち、若い頃いじめていた肝臓を、そろそろ労わってやらないと、取り戻せないパフォーマンスに気付く。

何をするにも「回復力」の衰えを感じる。二日酔いなら、まだ良いが、三日酔いの可能性も孕むようになってきた。

こんな時はレモンの力を借りよう。

レモンはつかれた肝臓をいたわってくれる。それに「ぬちまーす」というミネラルたっぷりな塩を入れよう。

今日はレモンで作る自家製スポーツドリンク(子供にもいいよ!!)をご紹介。

レモンの効果

  • クエン酸のキレート作用で、そのままだと吸収率が悪いカルシウムの吸収を高める。
  • レモンの香りで精神鎮静効果
  • ビタミンCは抗酸化作用、皮膚や粘膜の保護、美肌効果
  • レモンには胆汁促進、胆汁の役割は脂質の消化、毒素の運搬、胆汁の分泌がしっかりしていると便に含まれる毒素が多くなり、解毒作用が高まる。

 

自家製スポドリの作り方

  • ポッカレモン的な奴(濃縮還元ではなくストレートタイプがおすすめ)
  • ぬちまーす(なければ溶けやすい海水塩)
  • 炭酸水(なければ水)
  • 以上!

これらをコップに入れます。

塩 小さじ半分

レモンを入れる

炭酸水で溶く

飲む

うまい!!

注意
胃酸過多で胸焼けが続き、胃酸が多めに分泌されているときは、レモンは控えて糖質制限しよう。

レモンは肝臓をいたわって、ぬちまーすは失ったミネラルを補ってくれる。お好みでオリゴ糖なんか入れてもいいかも。

果糖ブドウ糖のような粗末な糖質を取らないで済む、簡単スポドリをお試しあれ。

僕の朝は、これと完全無欠コーヒーです。めっちゃ痩せたよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA