【メモ】カビをまき散らすタイプの加湿器で健康被害【カビを制する者は世界を制す?Vol.4】

昔、狭い部屋(職場)で、原因不明のめまいでぶっ倒れそうになったことが2回ある。今思えば、そこのクーラーのふたを開けたところにびっしりカビ!!!がすごかったのを覚えている。素人が掃除しても絶対取れないぐらい真っ黒。掃除というか買い替えてほしかったけど、そん時の上司が、、、だったんで。

その職場をやめて以来めまいは起こっていないので、おそらく原因はカビ。空気が汚染されていたんだと思う。カビ汚染で意識障害の可能性もあり得る。

そろそろ空気が乾燥してくるので、加湿器の出番だ。

風邪予防や、のどの粘膜の乾燥を防ぐためには必需品だ。

皆さんはどのタイプの加湿器を使っているだろうか?

うちは、加湿機能付き空気清浄機と超音波式の両方使っている。昔は石油ストーブの上にやかんを乗せて加湿をしていた。

ところで超音波の湯気を作るところ。水が溜まっているでしょう。あの部分って細菌やカビが発生しやすい。1シーズン掃除しないでいると確実にカビ細菌の温床、巣、汚染の権化になる。

そこが汚染されているということは、部屋中に細菌やカビをまき散らしていることになる。部屋全体、もしくは家全体が汚染される。

もし超音波式もしくは、水がたまる場所があるタイプの加湿器を使うとき、3日に一回、もしくはそれ以上、洗って乾燥させないと汚染されます。カビはアレルギーがある人だけではなく、だれにとっても有害なので、そこんとこよろしく。

カビについての参考文献集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA