アルパインクッカーディープ11を買ったよ!!

僕が山へ登る理由は「そこに山があるから」ではない。僕が登る理由は、山頂で濃い目の味噌汁と握り飯をむさぼりすすりたいからだ。山頂までの工程は、うまい飯を食うための儀式と言っても過言ではない。言うまでもなく景色も味に影響を与える。

先日、嫁さんと瑞牆山に登った時、今までの登山では、荷物、バックパックの重さは差ほど苦痛に感じたことはなかったけど、瑞牆山の鎖場や岩よじ登りポイントを行くと、やっぱり荷物は軽い方がいいとしみじみと感じた。嫁さん分の味噌汁などの水も背負ってたからね。

そこで、今回、クッカーを新調することにした。

大宮ダイエーのモンベルで買ってきたよー!

アルパインクッカーディープ11どす。

価格 2100+税

材料 アルミニウム
表面加工 アルマイト
収納サイズ 直径13.0cm×高さ15.5cm
そこの厚さ 8mm

 

本体(下側)寸法 直径(内径)11.0cm×深さ15.0cm
本体容量 0.75L(満水容量 0.96L)

 

本体(フタ側)寸法 直径(内径)11.0cm×深さ6.0cm
本体容量 0.43L(満水容量 0.54L)

重さは定員さんに聞いてきたけど忘れてしまったので、計ることに。

重量202g カタログスペック200gと言ったとこだろうか。

 

前使ってた奴。スチールかな?

 

ちなみに前のやつは264g。。。その差62g。誤差だね。

こいつは、セカンドストリートで新品として売られてたやつ。取っ手がアチ〜んだ。行動を共にしてきた道具をスパッと捨てるのはなかなか出来ないし、見た目も味が出てきて愛着もあるので、これからもキャンプで活躍させてもらおう。

軽さだけなら大きめのシェラカップ買って、そいつで湯を沸かせばいいかな(山では主に湯沸かしだし)、なんて思ったけど、収納のしやすさならアルパインクッカーかなと。250のOD缶とバーナーがすっぽり入るらしい。

あー早く、こいつで山頂飯食いたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA