お金も大事だけど、まずは生きる事。ポストコロナへの道を歩もうぜ

こんばんは配島です。

緊急事態宣言が出ました。
明日行使だそうで。
いままでと何が違うのだろうか。
今日はいつも通り仕事をした。
もちろん衛生面は細心の注意を払っています。

21時ごろすずらん通りを自転車で通ったら、飲食店は店じまいをしているところが、多かった。これも緊急事態宣言に従ってのことか?

あるバーは、結構混んでいて、笑い声が響いていた。店じまいの様子は無い。

実は今日のお昼ぐらいまでは、かなりネガティブなニュース(コロナ関連)から影響をくらっていてあまりまともな思考ができていなかった。
しかも、まともな思考が出来ていない事も気づかなかった。
政府の対応にマックス怒り。

昨日のバラ色ダンディーの苫米地氏(私は苫米地信者なのかもしれない)の解説を聞いて、やっと冷静を取り戻すことができた。

苫米地氏は言う。
「初期の段階で外出禁止をしてしまうと免疫獲得者が極端に少なくなってしまうので、アウトブレイクのタイミングが遅れて一気に拡大してしまうことがあるのでその方が怖い」との事。

そして、重症者に必要な医療資源を回せてさえいれば、免疫獲得者が多くなり終息へ向かう。

そのためには軽症者の管理と隔離が必要、何しろ「順番に罹患していく」事が重要で、これがコントロール出来なければ医療崩壊だし、コントロール出来ていれば終息出来るのだ。

日本政府、そこは色々とやっている様だ。
アパの社長、東横イン、その他もろもろの広い場所。マスク2枚。

この際、補償云々はどうだっていい。この情報のおかげで正気に戻る事ができた。データと理論の力ってすげーな。
人間どんなに遠くても出口さえ見えれば希望が持てる。不要不急の外出自粛、体調管理、手洗いうがい、マスク、そして娯楽(一人でできる奴)。
これさえしていれば、恐らく死ぬ確率は下がるだろう。多分。

しかし、長期戦なのは間違いないし、重症化になる確率もどう変わるかわからなし、ワクチンの開発は1年半ぐらいかかるって言うし、アビガンは催奇形性があるって言うし。

が、大多数は治癒に向かう。
(滅亡したらゴメン)

そんなトンネルの向こう側を目指して、私がやっているのは、ビタミンCを1日1500mg、マルチビタミンを二錠、そして、血糖値をあまり上げすぎないように、糖質少なめ、食物繊維多めの食事を心がけている。

そして筋トレ。
こんな調子でやっていきます。

そして私は実家に用があり埼玉に向かうのだった。(離れで寝泊りで親とは接触せず)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA